1 :影のたけし軍団ρ ★[] 投稿日:2013/10/09(水) 00:14:53.06 ID:???0
2
中国の大気汚染が、10月に入り深刻化している。重大な被害をもたらす微小粒子状物質(PM2・5)を含む「濃霧」が北京などでたびたび発生し、政府は原因と人体への影響を特定するため本格的な全国調査に乗り出す構えだ。

中国は1~7日、国慶節の連休だったが、北京ではPM2・5の濃度が連日のように上昇し、5、6日には6段階の汚染指標のうち最悪の「深刻な汚染」を記録。

目の前の建物が白く煙って見えないほどの濃霧に覆われ、周辺の高速道路が一部閉鎖されたほか、空の便も欠航が相次いだ。

連休中は市内を走る車の数が激減し、周辺地域の工場の多くも操業停止していた。
PM2・5の主要原因とされる自動車や工場の排ガスが少なく、暖房供給のための練炭燃焼も始まってないこの時期の「濃霧」について、北京市環境保護局の担当者は「専門家の詳しい分析を待っている」と回答を保留。

大気汚染がいっそう深刻化する冬を前に、ネット上には「汚染の原因は一体何なのか」といぶかる声が殺到している。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20131008-OYT1T01086.htm?from=main4


3 :名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/10/09(水) 00:16:13.50 ID:uBqJw3+50
>「汚染の原因は一体何なのか」

中国人だよ。



26 :名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/10/09(水) 00:36:26.99 ID:0I9rC2L+0
>>3
ですよね~w


65 :名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/10/09(水) 03:33:42.94 ID:qti0rwna0
>>3
的確すぎw

続きを読む